ひとり息子かあさんのただの日記

ひとり息子との ただの日記

初遅刻

4歳6ヶ月。

息子遅刻をするの巻。

 


故意的にね。

 


本当にお腹が痛かったのかどうかは定かではありませんが、

休む?と聞いても、ウンとは言わない。

 


大親友が、この前、病院に行ってから登園したようで、そこで彼は、「ちこく」という言葉を覚えたらしい。

遅刻する?と聞いたら、なんやら嬉しそうに、うなづいた。

でも、「お腹は痛い」と言う。

 


もう時間がない!!!

時間通りに登園させるのが当たり前と思ってた私。

いーーーっつも時間に追われてる気がしてた朝。

こりゃ、今日は園に、まず電話しよう!と。

遅刻します、って。

それから、じっくり息子の言い分を聞いてみようとした。

 

 

 

ご飯食べなー とコタツにとっぷり入ってる息子を出そうとしたら、新生児のように、のどちんこ震わせて大口開いて泣き始めた。

なんか、様子が変。

しばらく、声をかけずに、そぉーっとしておいた。

その間、こうなってる理由を考える母さん。

もしかしたら風邪で休ませたの続いたから、行きたくなくなってるのか?

幼稚園での授業、イヤって言ってたからなのか?

とか、どうも腹痛だけが原因じゃないような気がしてたけど、息子に風が吹くのを待ってみた。

 


息子は、コタツにとっぷり入って、窓の向こう側の青空をじーーっと見てた。20分くらい。

 

 

 

「お腹痛くなくなった」

 


と言ってからは、支度が早かった。

心の準備が整ったんだ!!

病は気から(笑)

 


結局30分遅刻。

すると、ゆっくり登園する人も結構いるのね、となんか気が抜けた朝。

 


これは、私が自営業だからこそ、できる朝なのかもしれないけど。

子どもに手がかかる時って今しかないんだろうな、と。

こんな自由が利く子育てするとは思ってみなかった私。

両親共にフルタイム、両親共に夜勤有りな環境に育った私。こんなふうな、子どもとの関わり方があったんだなーと、異国にいる気分。自営業の夫にも感謝しつつ。手探り感満載(笑)

 


今の環境に感謝。

 


今日も生きていてくれて ありがとう。

生まれてきてくれて ありがとう。

 

f:id:mainichikaasannotadanonikki:20210217185425j:image

一緒にお風呂に入ってた息子の友達を干す母さん。